清水商事株式会社(清水フードセンター)行動計画


女性が管理職として活躍でき、またすべての社員がワーク・ライフバランスの両立により持っている能力を充分に発揮できるように行動計画を策定します。

1.計画期間 2021年4月1日~2024年3月31日
2.目標および取組内容 (1)女性管理職者誕生に向けて研修教育を実施します。
<対策>経営トップも教壇に立つ「次世代リーダー養成研修」を中堅社員・若手社員向けにそれぞれ実施します。計画期間内の研修参加者を男女各20名とし、管理職への登用を目指します。
(2)より負荷の小さい働き方を目指す職場風土を醸成します。
<対策>経営トップよりメッセージを発信し、すべての社員に労働時間や効率についての考え方の改革を促すことにより、2024年までに1人当り月平均7.5時間未満を目指します。

女性活躍に関する情報公表


情報区分公表項目値・割合等
(2021年3月末現在)
備考
(1)女性労働者に対する職業
生活に関する機会の提供
労働者に占める
女性労働者の割合
正社員49.4%
パート社員等73.2%
派遣労働者を含む
係長級にある者に占める
女性労働者の割合
34.0% 
(2)職業生活と家庭生活との
両立に資する雇用環境の整備
男女の平均勤続
年数の差異
8.2年
(男24.6年/女16.4年)
無期雇用労働者
労働者の一月当たりの
平均残業時間
12.8時間労働者全体

このページの先頭へ